合同会社のメリット

合同会社は全員が有限責任社員なので、事業が失敗した時に弁済義務が生じる額に上限があります。資本金として出資した額が上限になるので、返済できないような負債を負うリスクがありません。合同会社の社員は全員出資を行うため株式会社の株主に例えられますが、株主とは違う点もあります。

株主の場合出資額(持ち株数)によって配当額や決定権の強さが変わりますが、合同会社の場合は出資額の大小は関係ないので、実際の業績を基準に決めることができます。社長の肩書も代表取締役社長ではなく、代表社員になります。

合同会社では社員が出資者なので、株主総会や決算公告を行う必要がありません。そのため設立時以外にも費用が少なく済みます。また重要な決定の際に株主の承認を得る必要がないので、会社の意思決定がスムーズです。実際に業務を行っている社員が経営についても決められるので、会社運営がうまく行きやすい傾向にもあります。

このようなメリットは社員の人数が少ない小規模の会社である場合です。社員が多い場合には意見が揃わない場合など逆にデメリットになることもあるので、設立時は合同会社、会社の規模が大きくなったら株式会社に移行するということも可能です。